にほんブログ村 PC家電ブログへ ランキングにてTOP10入り!  

「Good Luck Lucky!」を


PROFILE & 免責事項
サイト内の検索
記事の選択
カテゴリ別
月間アーカイブ(過去ログ)
最近のコメント
RECOMMEND
月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!

ノートパソコンが2万円〜 XP搭載機種が3万円台〜 お買い得の中古PC


PCデポ
PCDEPOT web

日経パソコン
ワープロ、表計算、電子メールの活用法も、この1冊で!定期購読で1冊あたり最大325円になり大変お得です!
日経パソコン

日経PCビギナーズ
これを読むだけで必ずパソコンの基礎が身につけられるパソコン誌です。
日経PCビギナーズ

週刊アスキー
日々の出来事をしっかりキャッチし、1週間まとめてご紹介
週刊アスキー

YAHOO! Internet Guide
生活に密着したインターネットの活用誌
YAHOO! Internet Guide

日経ソフトウエア
プログラムに興味が出たら、まずはこの本から!
日経ソフトウエア

最近のトラックバック
その他

   

  Good Luck Lucky!のサイトがより見やすく!
  「パソコン初心者のためのサイト」としてホームページ化しました。
  こちらも是非ごらんください。

<< HDD(ハードディスクドライブ)とは? | main | OSとは? >>
PC/パソコン教室 メモリとは?
■ CPUとは?
■ HDD(ハードディスクドライブ)とは?

に引き続き、今回は「メモリとは?」と題して、パソコン購入の際のチェックポイントを見ていきたいと思います。

今回説明するメモリは、一般に「メインメモリ」と言われているものです。その容量を表す単位として、「GB(ギガバイト)」「MB(メガバイト)」が利用されます。1GBは、およそ1,000MBとなります。

メモリはよく、仕事や勉強に利用する作業机に例えられます。皆さんお仕事をされる時には、必要な書類や資料などを机の上に広げて作業しますよね。これと同じように、パソコンもゲームやワープロなどのソフトを実行する際には、一旦メモリ上にそれらのデータを広げるんです。そして、CPUがメモリ上にあるそれらのデータを見に行って、色々ソフトを操ってくれるわけですね。

したがって、机の大きさが広ければ(メモリの容量が大きければ)それだけ作業がし易い(処理が速い)ということになります。

「作業スペースが埋まってしまったら(メモリを使い切ったら)どうするの?」って思いますよね。実は、メモリのスペースがなくなったら足りない分をハードディスクに借りに行くんです。このハードディスクがくせもので、CPUがメモリにアクセスする時間と比べたら、はるかに遅いんですよね。

だからメモリの少ないパソコンで複数のソフトをたくさん動かすとパソコンの動きが遅くなるのです。

パソコンの用途をインターネット・メール・デジカメ画像印刷程度と仮定すれば、メモリは512MBもあればOKだと思います。最近は、1.0GB超もめずらしくありませんので、ご予算の許す限り大容量のメモリを搭載されると良いと思います。

CPUは購入後はなかなか交換できるものではありませんが、メモリはあとから追加したりもできるので、現在、ご利用のパソコンが遅いという方は、メモリの追加や交換をご検討されてみてはいかがでしょうか。

next【PR】ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場



next【PR】2007は、いのしし年。年賀状はお済みですか?
筆まめ Ver.17 (CD-ROM版)
B000HIUXSOクレオ 2006-09-15売り上げランキング : 7おすすめ平均starstarAMAZONで買って良かったAmazonで詳しく見る by G-Tools

| パソコン基礎知識 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
| にほんブログ村 PC家電ブログへ |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://success.blue-ambition.net/trackback/450301
トラックバック